iPadはパソコンの代わりとして使えるのか

ここのところ、Appleは毎年新しいiPhone端末の発表のタイミングで、OSのバージョンアップを行うのが慣例化しています。
一年ごとにiPhone自体を買い替える必要性は感じませんが、OSのバージョンアップを楽しみにしている人もいるかもしれません。
しかし、ここ数年では、あまり目新しい機能の追加やデザインの変更はなく、少し寂しく思っていたりします。
それは、現在のOSである程度の安定性や完成度を持っているということなのかもしれません。
でも、私をはじめ世界の多くの人びとは、Appleにまた価値観をガラリと変えてしまうような新しいアイデアを求めているんじゃないでしょうか。
ただし、iPhoneに向けたOSの機能改善は話題性に乏しくても、iPadに関しては、かなり大きな機能の追加があったりします。
個人的な印象ではありますが、最近のiOSのアップデートは、iPadをタブレットとしてではなくパソコンのように使わせようとしている感じがします。
私としてはMacBookにSIMを挿入して利用でいるようになれば何も文句はないと思っています。
でも、パソコンよりもっと気軽に簡単に使えるものとして、スマホと似た感覚で使用できるiPadというのは、まだまだ成長の余地があるのかもしれません。