太らない為にやることをいくつか宣伝

古く、相当太ってしまって色々なシェイプアップにチャレンジしたことがあります。当時流行っていた代物や、定番のものをたくさん試しては失敗し続けて最終的にはランニングで痩せこけることができました。それからリバウンドダウンや健康の結果もあって滑ることは続けていますが、それ以外でも太らないように気をつけるようになりました。
太って仕舞う、というのは結果食べたカロリーと動いたカロリーの釣り合いなので、摂るのが好きな方はそれ以上にアクションすればセキュリティではあります。やっぱ食するかさは切り落としたくないという場合には、全身を切り回すランニングや水泳を週間に3,4回ほど行えば太りはしないと経験上思います。
あと、交わる寸前にごはんを控えるということも大事です。これはおなかが空いたら寝て仕舞うというやり方が最良素晴らしいような気がします。モーニングをたくさん食べるというのは健康にもよくていいですし、癖化すればけして無理ではないと思っています。

屋内にいたのに何で?落雷に打たれた男性が気の毒です。

屋内にいたのに雷に打たれるという、不幸な体験をした男性の記事をネットで読みました。
何でもアメリカに住むこの男性は、屋内で作業していたところ突然彼のいる工場前の道に落雷があり、雷の電気が地価を通って彼の作業していた工場の伝統スイッチが爆発し、雷が彼の体を通ってしまった、という次第らしいです。
病院に行き命に別状はなさそうなのですが、屋内にいたのに雷に打たれるなんて不幸すぎます。
それに命に別条はないものの体調不良は続いているらしく、いつまで不安な状態が続くのかと思うと気の毒です。
かくいう私は、子供のころ、目の前の道路に雷が落ちるのを目撃したことがあります。
朝の登校時に激しい雷雨となり、気をつけながら歩いていたところ、突然自分からさほど離れていない前方の道路に「バシッ」と光の塊というか、柱というか、何と計上していいのかわからない光が落ちました。
一緒にいた友達も見ていたので見間違いではありません。
それに、私の祖母も子供のころ、庭に雷が落ちて光の塊がものすごい勢いで庭を転げまわっていったのを見たと言っていましたし、雷が地面や人の背丈の届くところなどに落ちるということはさほど珍しいことではないのかもしれません。
この人のように屋内にいるときなら防ぎようがありませんが、落雷の増えるこれからの季節、「周りに高い建物があるから、自分は大丈夫」などと思わず、気を付けて歩こうと思いました。

今日は久しぶりの雨でちょっと憂鬱だけど今週も頑張っていくか

今日は昨日とうってかわって雨降りである。そんなに激しい雨じゃないので小雨っていう感じである。さてさて今日は生活保護費の支給日である。いつもどうりに銀行のATMから引き出した。引き出した金額は5万円です。この5万円のうち光熱費で3万円とんでいくので残りは2万円だ。その2万円が食費です。一週間で約4千円か5千円使うことになる。しかしその月によっては一か月5週あるときがあるので一週間にかけれる食費は大体3千円から4千円になります。この金額だとこれといった贅沢できません。それと逆に贅沢どころか辛抱しないと生計が立てれないです。まあ、今現在生活保護受給中だから特にお金かかる仕事しているわけじゃないので贅沢とかは特にしようとは思はないです。お金かけずになんとか辛抱して生活してます。ただこの生活に慣れてきてるのでちょっと不安です。生活保護に慣れた生活して社会復帰が果たしてできるのかどうかですね。さてさて今日これから晴れること期待して就活頑張るか。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/