台風のアクシデントについてと高潮のことを勉強した

台風などについて勉学しました。台風の過去の主なトラブルは、1934年齢9ひと月21お日様に室戸台風がありました。死者という迷子やつは、3036個人でした。1945年齢9ひと月17お日様に枕崎台風がありました。死者と迷子やつは、3756個人でした。1959年齢9ひと月26お日様に伊勢湾台風がありました。死者と迷子やつは、5098個人でした。1990年齢9ひと月19お日様に平成2年齢第19号がありました。死者という迷子やつは、40個人でした。1991年齢9ひと月27お日様に平成3年齢第19号がありました。死者と迷子やつは、62個人でした。1993年齢9ひと月3お日様に平成5年齢第13号がありました。死者という迷子やつは、48個人でした。高潮は、台風など著しい低気圧を通じて海面が異常に高くなる現象のことです。高潮発生のしくみは、台風の主気圧が低結果、海面が上昇します。沖から著しい風がふき、海水が海岸にふき寄せられます。台風は、死者や迷子やつも出しているのでおっかないなと思いました。

まだまだ耐え難いのかなあと想うバレーのプレイ

少し婦人バレーが意外にも苦労しているのかなあという感じがしますね。
先日は韓国に負けてしまってどうしようかというような感じではありますが、その次の隊のゲームも至極苦戦していましたね。

先にタイに2決定を取られて仕舞うという感じで探究をやる状況で絶体絶命のピンチに陥ってしまうが、そこから何とか終焉決定にもつれ込む開設。
終焉決定も最後まで接戦で、やはりぎりぎりのところで飛躍を収めるというかなり凄い開設での飛躍だったようです。
スーパースターの木村が大した創傷出なかったのはよかったのですが、今後も苦しい開設が続きそうな感じですねえ。
調子が悪いのでしょうか? 未だステップがタイよりも上の組織が出てきますので
全国はこれからもまだまだとりあえずつらい反対をしていかないとなると、まだまだ心配なあという感じです。
もう少しステップを取り戻してくれないと、もしかして五輪も危ういのかも? と思ってしまう。

ブロッカーや丸山茂徳などについて勉強した

育成をしました。1989年頃にブロッカー(アメリカ合衆国)、デントン(アメリカ合衆国)が海洋大ループの検討をしました。同じく1989年頃に、アメリカ合衆国がボイジャー2号、海王星に最接近しました。同じく1989年頃に、アメリカ合衆国が木星吟味機「ガリレオ」を打ち上げ、1995年頃に木星に到着しました。1990年頃にハッブル宇宙望遠鏡、スペースシャトル「探知」で軌道へ。1992年頃に、コービー衛星チーム(アメリカ合衆国)が3K宇宙バックグラウンド射出の誤り位方性。1993年頃に、丸山茂徳(国内)がプルームテクトニクスのアドバイスをしました。1996年頃に、国内が気象庁で調査震度を導入しました。1997年頃に、アメリカ合衆国が「マーズパスファインダー」火星仮面を吟味しました。1998年頃に、カミオカンデグループ(国内、アメリカ合衆国)が新トリノ質量。同じく1998年頃に、国内が記録衛星「あすか」X線バックグラウンド射出のパイオニアを検討しました。知らないことを知れて良かったと思います。