相性の良い星座と悪い星座についての大まかな解説

12星座ある星ごとに相性の良い星座と悪い星座というものが存在するらしいです。
そもそも星座には「男性星座」と「女性星座」と分かれており、牡羊座、双子座、獅子座、天秤座、射手座、水瓶座が男性星座で、残りの星座は女性星座となります。
そして、男性星座は男性星座同士、女性星座は女性星座同士で相性が良いと言われています。

さらに、そこから4つの分類に別れており、かぎかっこの「牡羊座、獅子座、射手座」「双子座、天秤座、射手座」「蟹座、蠍座、魚座」「牡牛座、乙女座、山羊座」同士は根底に似たような性格の部分が備わっているせいか、相性が良いと言われています。
なお、相性が悪い星座同士は、かぎかっこの「牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座」「牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座」「双子座、乙女座、射手座、魚座」同士は根底に真逆な性格の部分が備わっているせいか、相性が悪いと言われています。

これを見て、自分や友達、気になる相手や恋人とは星座上では相性が良いとか悪いとか判断できます。
あくまで星座上での話ですので、相性が良いから悪いからと言ってあれやこれやと言わないように。全身脱毛人気ランキング